基礎代謝が低下すると増える皮下脂肪を落とす方法

体重管理に最適な飲み物

飲み物

腹持ちをよくする

フレッシュな野菜などを使って作ることができるスムージーは、ダイエットや健康対策に最適です。運動不足や、脂肪分の過剰摂取は血中のコレステロール値をあげてしまいます。そのままの状態を放置すると、動脈硬化を引き起こすことになります。動脈硬化や肥満を防ぐには、野菜が多めの食生活に切り替えることが重要です。食べ過ぎないように食事管理も行ってはいけません。スムージーを飲むことで、この二つの要素を同時に実行することができます。スムージーの腹持ちをもっと良くするには、とろみを増やすことです。水の使用量を少し変えたり、冷やす時間を増やすだけで、スムージーにとろみが加わります。その結果、満腹の状態が長持ちします。

栄養素が失われない

体の機能や自律神経を調節するビタミンは、野菜や果物に多く含まれているのは有名です。しかし、熱に弱いビタミンも少なくないので、調理の段階で失われることも多いのが特徴です。でも、加熱しないで生のままスムージーにしてしまえば、ビタミンなどをそのまま摂取できます。また、ミキサーで丸ごと材料を粉砕できますから、本来なら捨てることの多い部分も使えます。種子や皮にも健康にいい栄養素が存在していることが多いので、それを無駄なく摂取できるのです。ミキサーの力が強い方が種子を細かく粉砕できますし、スムージー全体の舌触りも滑らかになります。素材の力をすべて身体に取り入れるということに、スムージーは最適な方法なのです。

Copyright © 2016 基礎代謝が低下すると増える皮下脂肪を落とす方法 All Rights Reserved.